材料) 4人分

・いわし・・・・・4匹
・小麦粉(薄力粉)・・・・・30g
・お酒・・・・・80cc
・みりん・・・・・40cc
・砂糖・・・・・30g
・濃口しょうゆ・・・・・40cc
・サラダ油・・・・・40cc
・小ねぎ・・・・・少々
・米・・・・・3合(450g)

作り方)

【いわしの手開き】
① 小さなヒレの後ろに包丁を当てて、頭を切り落とす。
② お腹に縦に包丁を入れ、おしりまで切る。
③ 中の内臓を取り出し、よく水洗いする。
④ シッポを左に向けて、お腹の中に左手親指を入れて、上身と中骨の間に押し込む。
   そのまま右手親指も同じようにする。
⑤ 魚を持ったまま、左手親指をシッポの方にずらしていく。
  次に右手親指も頭の方にずらしていく
   ※これで魚が開いた状態になります。
⑥ 下側にあった身に骨がついているので、シッポの方から骨を指でつまみ、頭の方にずらしていく。
⑦ 最後に骨をねじってちぎる。
⑧ 開いた魚をよく水洗いして、キッチンペーパー等で水分を拭き取る。

【いわしの蒲焼】
① 開いたいわしの両面に小麦粉をつける。
② 軽く温めたフライパンにサラダ油40CCをひき、魚の皮の方を下にして入れ、弱火~中火で焼く。
③ 魚のまわりが白くなってきたら、ひっくり返して、2~3分裏面を焼く。
④ 火を弱火にして、酒→みりん→砂糖の順に調味料を入れる。
  砂糖が溶けたら、しょうゆを分量の8割だけ入れる。
⑤ 調味料がよく混ざったら味見をして、好みの味になっていればOK。
   薄ければ残りのしょうゆを入れる。
⑥ どんぶりにご飯を入れて、その上にいわしをのせ、タレをかける。
   小口切りにしたネギをかけて、できあがり。